*

ピアスホールを作るときに気をつけたいこと

ピアッシングは体に穴を開けるということ。
ピアスをすると運命が変わるとか、
ピアスホールから白い糸が出てきて引っ張ると失明するとか、
昔からいろいろ言われていますが、ピアスホールの作成は、慎重に行いたい行為です。

ピアスホールは医療機関で開けることをおススメします

ピアッシングの器具等の市販はされていますが、医療機関で開けてもらうのがおススメです。
医療機関で開けてもらうほうが清潔で、きれいなホールを作成することができます。
自分で開けてしまうと、位置がずれたり、斜めに開いてしまったりということも起きてしまいます。
斜めに開いた場合、キャッチが耳たぶの下からはみ出てしまうケースもあります。
医療機関でしたら、アフターケアについても安心です。

ピアスホール

ピアスホールのトラブル

ピアスホールが完成するまでは月日がかかります。
医療機関でケアの方法等を確認しておきましょう。
その期間、清潔でない状態にすると化膿してしまうことがしばしばです。
決められた洗浄をしっかり行うようにしてください。
我慢できずにむやみにいじくったり、ファーストピアスを取ってしまう等の行為は避けましょう。

ピアスホールが完成しても、ピアスが洋服や髪の毛、イヤホン等に引っかかり、
ピアスホールに傷が付いたり裂けてしまう等のトラブルも絶えません。

また、金属アレルギーにも注意が必要です。
痒くなったり、赤くはれ上がったりしますが、
その症状は耳たぶだけではなく全身に広がってしまうケースもあります。
どの金属でアレルギーを起こしてしまうかを医療機関で調べることもできますので、
利用してみるのもおススメです。

ピアスホールを開けたばかりの人の献血はNG

日本赤十字社では、病気やけがなどで輸血を必要としている方のため、
16歳から69歳までの健康な方に献血の協力を呼びかけています。
キレイな献血ルームや献血バスも多く見られます。
但し、献血が出来ないケースもあり、ピアスホールを開けたばかりの人もそれに当てはまります。

医療機関等で、あるいは使い捨ての器具で穴をあけた場合は、
細菌等が感染している危険性があると判断され、
最低1ヵ月間は献血はできません(穴をあけた場所の状態にもよります)
その他、複数の人で安全ピンや針を共用して穴をあけた場合などは、
エイズ、B型肝炎・C型肝炎などのウイルスが血液を介して感染している可能性を考慮し、
6ヵ月間は献血が出来ません。
また、口唇、口腔、鼻腔など粘膜を貫通してピアスを挿入している場合は、献血はできません。

関連記事

プラチナダイヤモンドピアスはプレゼントにおススメです

大切な方へ、大切な日のプレゼントをお考えでしたら、プラチナダイヤモンドピアスはいかかでしょうか。

記事を読む

ジュエリー

ダイヤモンドのセッティング

ダイヤモンドなどの宝石は地金にしっかりと留めつけられてジュエリーとなります。 この石留めはセッティ

記事を読む

ダイヤモンドの美しいカット

ダイヤモンドの国際的な品質評価基準「4C」のひとつである「Cutカット」は、 唯一人の手にゆだねら

記事を読む

就職祝いのプレゼントにプラチナダイヤモンドピアス

3月も半ばですが、今から女性への就職祝いのプレゼントをお探しでしたらアクセサリーをおススメします。

記事を読む

1万円台で買えるプラチナダイヤモンドピアス

ダイヤモンドピアスを普段使いしたい…ダイヤモンドといえばやっぱりプラチナがいいのだけど高すぎて手が出

記事を読む

鑑別書と鑑定書

当店では、鑑別書付のプラチナダイヤモンドピアスもご購入いただけます。 「鑑別書」と似ている言葉に「

記事を読む

ダイヤモンドの品質評価基準「4C」

ダイヤモンドを手にするにあたって気にしておきたいのがその品質です。 ダイヤモンドには品質を評価する

記事を読む

ダイヤモンドと相性が良いプラチナ

ダイヤモンドとプラチナはジュエリーのなかでも人気の組み合わせです。 白い貴金属プラチナは、無色透明

記事を読む

口コミ・感想・レビュー

プラチナダイヤモンドピアスご購入者様の口コミ・感想・レビュー

ご訪問いただき有難うございます。 当ショップでお取り扱いしているプラチナダイヤモンドピアスは大変ご

記事を読む

プラチナダイヤモンドピアスの保管

プラチナダイヤモンドピアスを購入したら、収納場所にもこだわりたいです。 毎日着けるジュエリーも、入

記事を読む

pt100

「pt100」はプラチナジュエリー?

「pt100」はプラチナジュエリーではありません 時々みかける「pt100」の表記。これはプラチナ

記事を読む

ダイヤモンドピアスの大きさの比較

ダイヤモンドピアスの大きさの比較

ダイヤモンドピアスを購入するのに選ぶ基準として、見た目の大きさも気になるところです。 0.1ctや

記事を読む

プラチナダイヤモンドピアスのお手入れ

プラチナダイヤモンドピアスを含め、ジュエリーは直接お肌に触れることが多いため、 汗や皮脂が付きやす

記事を読む

ジュエリーリフォーム

ジュエリーだってリフォームできる

ダイヤモンドピアスや指輪、ネックレス等で、デザインが古いと感じるものなどはありませんか? また、眠

記事を読む

PAGE TOP ↑